Giraffe's雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS よいお年を。

<<   作成日時 : 2014/12/27 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

随分ご無沙汰である更新です。

このまま、年内は更新をしない予感がかなりするので、
今のうちに誰にも求められていないであろうブログであっても更新をしておき、
今年1年の自分の垢を落とすという意味で、
ここ最近感じたことを、しれっと残しておきます。



いやー、結局人って「シングルタスク」なので、
何事もきれいに集中した形で届けるためには、
同時進行なんて、実はとっても難しいのねー。
なんて、お仕事を休ませて頂いている期間に感じました。

今まで無理していたってよく分かった。
自爆だわ、自爆。

でも本当によかったなー、って思ったこと。

今の職場が状況を理解してくれて、
お休みを会社側からも提案してくれたこと。
「復帰したい」という私に対して、
「いや、待て」と、会社から休むことを先に提案してくれたこと。

そして。
今の自分が「技術職」であること。
そして、契約社員であっても「直接雇用」であること。

今までの私の職種の事務職だったら、
代打なんていくらでも立てられるので、
一旦、退職になっていたかもしれない。

実際、妊娠で退職した事務員の子は、
確かにミスも多かったんだけども、
それでも部長は
「本人の意思があるなら、だめな状態でも教育して、残してあげたい」と言っていたけど、
結局は産休ではなく、退職になった。

私の場合、エンジニアなので、
「私にあるスキル」を会社に留めたいという意思があるからこそ、
「そのスキルを発揮してもらうために」休ませようと、
会社は決めてくれたのだと思う。

それは私に限らず、
先輩方で戦線離脱している方々に対しても一緒なんだけどね。

そういう「技能」を認められている場所に入れてよかったな、と。

さらに病気をしたことで、
その技能が認められていると気づけてよかったな、と。

本当、発言だけで判断したら、私は「厄介者」なんだろうな、と思っていたから。
正直、誤解されているなーっていう自覚もあれば、
上司たちも「表現にさえ気をつければいいのに」と思ってくれていると思う。
やり方が私は「荒っぽい」からね(苦笑)。

そういう課題があるんだなー、っていうのにも、
戦線を離脱させてもらったことで気づけたのも大きかったなー、と。



かといって、自分の過去を否定しても仕方ないし、
どうにもならないでしょ、いまさら。

でも、まだ同じ会社にいて、同じ部署にいるのだから、
これからの自分が相手に対する対応の仕方や、
自分の言葉遣いを変えていくだけで、
自分の「芯」の部分には自信を持って、
突き進んでいけばいいのかな、って思ってます。

それがしっかりうまく行けば、
少なくとも今よりはいい状態になる可能性はある。

こうなってしまったのは、
私が持っている内部の人への甘えだろうな、原因は。

「分かって欲しい」し「気を遣いたくない」から、
素直すぎる感情が出てしまって、
無意識に相手を傷つけていたのかもしれない。

恋愛とか、家族関係でも起きることだと思うんだけど、
「一番理解して欲しい人」には、容赦なくなるよね(苦笑)。

溜め込んだものを、その人たちの前で
何らかの方法で爆発させちゃったりね。

でも、家族でも恋人でも、同僚でも何でも。
「他人」だから、こっちの深い事情だったり、
抱えてきたこと、感情の「経緯」までは

知らねーよ

なんだよね。

それがやっぱり、どこか抜けてしまっていたんだろうなぁ、私。

上司や営業さんにも言われたんだよね。

「組織をいい方向に持っていこうとしていて、
誰よりも体を張って頑張って、つらくても結果を求めてくれていて、
実際に結果も出してくれている。

でも、そういういい面が隠れてしまっていて、
表現とかやり方で誤解されているんだろうなって思う。
他人はフォローはできるけども、
問題解決するのは、きりんさん自身だから。
自分の環境は自分で整えた方がいいはず。
あなたの課題はそれだと思うよ。」

とね。

まぁ、確かにね。

私は、自分の学歴や職歴に自信がないですよ。
中途半端だなぁって思ってる。

そんな私なのに、今の会社に所属できているおかげで、
世界でも有名な企業の製品開発に参加させてもらえている。

いろんな価値観の方々に会って、
お仕事やお食事などで、お話する機会を与えてもらっている。

本当、自力では無理なことなのね。
いや、無理じゃないかもしれないけど、
相当な時間と労力はかかるはず。

それをショートカットしてくれている存在が会社なので、
私はやっぱり今の会社で頑張りたいな、って思ってます。

(分かってる、同業他社に行ってもそれは実現できて、
 お給料も上がることくらい分かってる)

でも、同僚たちには、私と同じような思い入れはないのだろうな、と。

何か別の思い入れはあるかもしれない。
何もなくて、「自分にできることを無理なく」だけを求めているのかもしれない。

会社が傾いたり、なくなりそうだったら、
「じゃ、お先に!」と、いなくなればいいと割り切っているのかもしれない。

そりゃそうよね、経営者じゃないんだから。
「やばいと思ったら正当な理由で逃げられる」っていうのは、
従業員の「特権」だと思うし。

そういう感覚地の「差」は認めていかないと、
うまくいかんわな。

私の考えも正しいし、間違っている面もある。
同僚の考えも正しいし、間違っている面もある。

正しさなんて、人の数だけあるんだしね。

同じ「組織」にいるからって
同じ「価値観」で動くのは、やっぱり無理ってことね。

でも、「共通の価値観」を持てるようにしていけば、
きっと大丈夫な気がする。

これは家族でも恋愛でも一緒かなって思う。

会社の存続(正直、部署の存続が来期にかかっているらしい)よりも、
まずは目の前の自分の環境だな、って。

そっからだよなー、と、やっと気づけたというかね…。



話は前半に戻るのですが、
いろいろな職業を「ジプシー」のように経験して、
まぁ、正直、ある程度のまでなら、
どんな仕事でもできる自負はありますが…。
(やりたいかどうかは別)

今の技術職、テストエンジニアという、
開発品が世の中に出る前に、
不具合がないかどうかチェックをしていく仕事なのですが、
その仕事ができているのは、
高校生の時に「情報処理科」でプログラムをやっていたから、
ソースが100%分からなくても、
構造だったり、フローチャートは読めたり、
どういう判断式を組んでいるのかとか、
想定している動きは何かを読み取れるからかな、と。

商業高校なので「簿記」をやっていて、
経理や経営の経験がなくても、
会社のお金の流れが分かっているからこそ、
納期がどういう意味を持っているのかだったり、
自社の営業形態についても、
「なぜ請けないといけないのか」も見えやすかったというか。

この2つの勉強をしていたことで、
自然と「ロジカルシンキング」ができるようになってきた、というか。

(なので、とっても「可愛気のない女性」であることも自覚あります…)

これは、生きていく上では、
しんどい思いをさせてくれたものでもあるけど(苦笑)、
でも働く上ではとっても役に立っていたし、
どんな会社でも職場でも通用してきたし、
新しい事業や営業所の「新規立ち上げ」のプロジェクトや仕事にも
生かすことができて、結構、重宝されていた実績もあったりするしね。

本当、仕事に生きがいは感じていないけども(苦笑)、
生きるためにはお金はどうしても必要で、
それは「楽しむため」「贅沢をするため」ではなくて、
「命を維持するため」にはお金は絶対に必要だと、
今の状況から痛感したのでね…。

今は正直、残高も厳しいんだけども(苦笑)、
せっかく「稼げる会社」に所属させてもらえていて、
「使える技能」を持っているんだから、
取り返していくしかないですな。

ちなみに「稼げる」というのは、お給料がいいという意味ではないです。
正直、待遇が悪すぎて、時々「転職だろ、これ」と思います。

そういう意味ではなく、フリーランスでやるよりは、
圧倒的に組織に所属して従業員として働いた方が稼げるってことです。



で、無駄に(?)時間ができたので、
やってみたいことを片っ端からやってみました。

写真を撮ってみたり。
それをフォトストックに出してみたら採用されてビックリしたり。

これは本当、いずれポストカード化して販売してみたい。

本当、風景の切り取りなのは残念でもあるけども、
それでも綺麗な景色や風景を、多くの人に見てもらえて、
その人たちが1秒でも笑顔になれたり、気持ちが落ち着くなら
そういう役割を果たしたい。

ただ、今は自分の面倒を見るのが先なので、
後回しにしていますが。

そして、コラムを書く内職をしたら、「継続してもらえないか」と、
2回、継続依頼が来たので、5本×3回で、
合計で15本書くことに。

反応が得られるものではないけども、
まぁ、誰か1人でもの役に立てたりできれば、それは嬉しいよね、と。

特にそこに「私が発信しました!」とかいう、
「私」である必要って私は求めていないんですよね。

なので、ネットで本名を出す必要はないって思ってるし、
自撮り写真で、顔を出す必要もないと思っている。

人って、自分にはどこまでも興味があるけども、
他人にはそんなに興味ないでしょ?

好きな人には興味はあると思うけども、
それってどこか「自分を受け入れて欲しい」気持ちが背景にあるでしょ。
結局、人の興味って「自分自身」にたどり着く気がしている。

「私に何かしらの影響を与えてくれる××さん」という
覚え方なのだと思う、受ける影響の良し悪しは関係なくね。

覚えたかったら、勝手に覚えるでしょうし、
本名を知りたい、顔が見たいと思ったら、
先方から「会いたい」とか、何かしらの言葉が出るものです。
それを待っていれば、あえてネットで本名などを晒す必要もないかなー、と。

少なくとも私は、人の顔と名前を覚えようという意識は全くないので、
本当、興味を持った人の顔と名前しか覚えない。
リアルであってもネットであってもそう。

よくハンドメイドのアカウントでRTした作品の作家さんから
「ありがとうございます!」ってリプをもらうんだけども、
ごめんね、作品しか見ていなくて「誰」って気にしていないから、
「あ、あなたの作品をRTしたのね」と思うだけであって、
そこから先、つながろうとか思えない。
ただ、頻繁にお礼が来ることで「私、その人の作品が好きなんだろうな」と気づくので、
TL見てみて「あ、確かに好きだわ」って思ったらフォローする。

本当、その程度なんですよ、人への興味って、
全部自分が中心。
でも、誰でもそうじゃないのかな?

話が逸れましたが。

本当、ちょっとしたこと。
自分が当たり前にできていることで、
ちょっとだけの努力や工夫をしてみる。

それだけで自力で「お金を生み出せる力を持っている」っていうのを
知ることができたのも大きい。

何も大きく頑張ることはない。

今持っているもの、それは物品ではなくて、
自分が得た能力とか思考力とか。

そういうのを生かして伸ばすだけで、
どこまでも人っていうのは、可能性を広げられる。

何も「ないものねだり」して、
結果が出ないからって、新しいものを足していこうとしなくていい。
余計な荷物を抱えなくてもいい。

今持っているものをしっかり活かす。

人の価値観、考えは参考にはするけども、
妙に感化されてしまったり、共感してしまったりで、
自分の軸をリフレッシュしていくならいいんだけども、
自分の軸を入れ替えていたら、芯がなくなるし、ぶれる。

それを避けるためにも、
あえて、本を読まなかったり、ツイッターを見なかったり、
人と「絡まない」でいる時間も私には必要だなって思ったりね。

そんな、いろーんなすごく大事なことに
気づけてきているように思います。

本当、周囲のいろんな人から気づかせてもらえたなーって思ってます。

ツイッターの相互フォローの方々の影響も大きい。
SNSという繋がりだけに過ぎないけども、
助けられているなーって思います。

ただ、そこに依存してしまうと、やっぱり軸がぶれる。

なので、あえて距離を保ったり、時としては離れたい。

それは自分を保つためであって、
自分自身とも「離す=話す」ためかな、って。

そんなことを感じている、ここ最近です。



ということで、つらつらと書いておきました。

気が向いて、運悪く(?)見つけてしまった人が
どこまで読んでくれるか不明ですが(笑)。

全く役にも立たないと思いますが。
何かの役に立てたとしたら、
偶発的な「事故」として、喜んでおきますので、
「気持ち玉」でも押しておいてください。

本当、ブログ更新が超不定期になっていますが、
まぁ、適用にいつでも読んでおいてください。

気が向いたら更新します。

それくらいが私にはちょうどいいですな♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♥ハンドメイド品
出品はじめました!
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

♥Faebookページです
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

Facebookページ
週末工房 Grey's Salon


♥ハンドメイドブログ

週末工房 grey's Salon



TAIJI ご署名のご協力をお願いします!

よいお年を。 Giraffe's雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる